10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年12月26日
ブログ

幕張本郷の不動産社長経験217)不動産売買の面白さ、難しさ【鉄骨工事現場監督時の写真、工事内容】②-3

「柏そごうデパート」上空通路鉄骨組み立て作業写真⑥

上部左側写真上は上空通路の鉄骨を架台の上で組み立てたものを1階から撮った写真です、左側真ん中と下の写真はデパート本体の9階から撮った写真です。

右側写真は上空通路下段の1本目と2本目の連結作業を1階から撮った写真です右上の写真は拡大してみると当社協力会社職人と鳶職の人が作業しているのを確認できます。

下に安全ネットが張って無い状況での作業ですので、下から見ていて危ないと思われる作業の時等は大声で注意をしなければなりません、又真下を車、人が通る事の無い様警備の人と見ていなければなりません。5階からボルトが1本落下して人の体に当たると大怪我か肩に直撃すると骨折しかねませんので現場監督としては神経を使います。

 

「柏そごうデパート」上空通路鉄骨組み立て作業写真及び10階~13階迄の写真⑦

 写真左上は上空通路下段の3本繫ぎの最後の建て方作業です、夕方になってしまいましたがこの後事故なく無事作業を終わる事が出来ました。

写真左真ん中右側は上空通路下段作業が終わり、上段鉄骨を支える架台を2か所組建て上段通路の2本目迄を連結した所です。

写真真ん中左側は上空通路の鉄骨が下段(5階~6階)と上段(8階~9階)工事が完成した後の写真です。

写真右上は10階~11階の鉄骨工事が完了した時の写真です。

写真右下は12階~13階鉄骨工事が完了した所です、10~13階は建物全体の1/3位が建屋で残りは10階が屋上になっておりました。

上空通路は未だ鉄骨がむき出しで化粧サッシが取付前の状況です。

「柏そごうデパート」上空通路完成写真及び14階スカイラウンジ写真⑧

13階の上に14階部分がスカイラウンジとして建てられました、14階鉄骨部分は撮る間を逸しましたが外壁とサッシ工事が最終の追い込みであっという間に出来上がりました。上空通路も気が付かない間に外壁工事が完了しておりました。

工事が完成の最終局面になると各業種とも突貫工事に入ります、それぞれの業者が狭い所で重複作業になる事も有り危険な状況での作業になります。鉄骨工事の14階スカイラウンジ最後の溶接お工事、ガス切断工事の仕事が終わりました。

14階スカイラウンジの中腹にアセチレン、酸素ボンベが数本残っていました、ガスホースを片付けた後にボンベを職人2人で狭い所を他業者の仕事している処を通りながら下ろす作業は3倍の時間と労力がかかっていました。あまりに時間がかかり作業続行は反って危険と判断して、最後のボンベ2本はロープで上から吊り下げて12階に下ろす事にしました。1本目は問題なくスムースに下ろして最後の1本目を下ろす事に成りました、上に2人いた職人が1人下に降りて2人で受け取る事にして私と職人2人で上から酸素ボンベを下ろす事にしました。下の2人の合図でボンベを手すり迄持ち上げて下にゆっくりおろし始めました、するとストップの合図がかかり上の2人でロープを引っ張り止めました、ところが勢い付いたボンベの重さで上のロープで縛っていた蓋がすっぽ抜けて落下してしまいました。「急に鉄筋屋の職人が出入り口に向かって走ってきたので、運悪くボンベの蓋が飛んで落下して来た瞬間と職人が走って出口から出て来たのがぴったり合ってしまい職人の後頭部にガスボンベが直撃して職人は2m位前に飛ばされました。、飛ばされた直後すぐ立ち上がり「バカヤロー、気をつけろ」言ったとたんにバタンと倒れました。

すぐ1階迄作業用リフトで下ろして病院に連れて行きました、幸いヘルメット着用しており後頭部にこぶが出来たくらいで、精密検査しても異常がなく次の日は仕事に出ていました!「昨日の事謝ったら俺の方も急に走って出たからな!気にするな」と肩をポンと叩かれました。

2回目の冷や汗をかきました工事現場は自分達が注意してやったつもりでも、最終作業の複数の業種が入り乱れてそれぞれの工程で重複して作業している時は特に危険と隣り合わせの作業で気が抜けません。その代わり工事が終わり引き上げの時の開放感と達成感は一瞬ですが何物にも代えられない心地良さを味わう事が出来ます。

「柏そごうデパート」外壁工事完成写真と再訪時写真⑨

写真左上は外壁工事も終わり鉄骨工事は最後の追加雑工事のみとなり、JR柏駅改札口方面から撮ったものです、下の写真は国道16号線陸橋側から撮ったものです。

写真右側は柏そごう開店から32年後の2005年に我孫子の知人宅に訪問して、千葉市の幕張に帰る途中に懐かしく思い改札を出たところで写真を撮っておきました。ほぼ同じアングルで47年前も撮っていた事にビックリしています。

デパートでも、ビルでも、マンションでも、戸建てでも30年~50年と自分が手をかけた建物が残っているのは、何時見ても何とも云いない気分の良いものです。

千協伸地所へ相談してみる

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward