10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年07月26日
ブログ

幕張本郷の不動産社長経験175)不動産売買の面白さ、難しさ(コロナ災禍現況⑨)

中古マンションの場合

中古マンションの場合は2DK、2LDK、3LDK,4LDK等の分譲が有ります、3LDKが1番多く分譲されています。広さは60~80㎡が多いですが中には90㎡以上の分譲も有ります。マンションの時は構造体壁は動かせませんがリホームはそれぞれの管理組合の規定に従って直すことが出来ます。最近では築30年以上のマンションを完全にスケルトンにして水回りから間取り迄800万円~1,000万円位費用かけて全てやり直してリノベーション再販する業者や一般ユーザーも少し出て来ました。

希望予算、希望地区、希望間取り、リホーム費用などを総合的に判断して物件の選定をする事に成ります。戸建てと同じく入居している時が多いので売り主退去できる期間と自分達が入居できる時期のすり合わせが必要です。

土地探しの時

土地探しは1番難しです。理由は建築業者(建売業者)、不動産業者(建売用地、注文住宅用地)、ハウスメーカー(土地無し客用、売り建て用地)、アパート業者が朝から晩まで仕事で動いてもなかなか手頃で仕入れ出来る土地が見つからない現実が有ります。

「仮に希望地区に良い場所が出ても個人が買うには大きすぎて手が出ない!」場合有り。

「希望地区で希望予算で土地が出たとしても即決出来ないで考えている間に他の人、又業者に買われてしまう」場合有り。

「常に自分で物件チェックしたり、業者からの紹介物件で気になる物件はその日か翌日に見るくらいの真剣さと努力が必要です、今度の土、日に見に行く、来週見に行くではなかなか良縁に巡り合えません➡普段から努力している人は良い物件に巡り合った時に「即決」出来る準備が出来ていますので縁を引き寄せられます。

arrow_upward