10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2019年12月16日
ブログ

【幕張本郷の不動産社長経験90】不動産売買の面白さ(夫婦共教員が買主⑤)

稲毛区旧大手分譲地内

以前当社の社員だった人からの自宅買い取り要請あり中古物件を仕入れました。旧大手分譲会社が分譲した一角でしたが建物はかなり傷んでおりリホーム再販は難しい物件でした、解体して建売分譲する事にしました。

解体時地中障害物出てくる

建物解体業者より連絡が入り地中障害が出てきたので現地に来て確認していただきたいとの事でした。現地に行きましたらコンクリート打ちの床版が有りました、宅盤は道路より1.5m位高くなっておりましたが住宅の基礎を剥がしていたら下からコンクリートの床が出てきた状況でした。道路とほぼフラットの位置にあったので住宅を建てる前は倉庫が建っていたか?駐車場になっていた可能性が考えられましたが、いずれにしても全部撤去するように指示して追加工事費を当社が負担する事にしました仕入れの時に急いでいるとの事で相場より少し安く仕入れていたのと売主の事情も知っていたので解体追加工事費用は請求しませんでした。

地盤改良工事費もかさむ

道路より宅盤が約1.5m高く更に地中障害物のコンクリート床解体撤去した事も有り地盤調査をしたところ地盤改良がベストの結果が出ましたので、アースコラム工法でコンクリート杭状の柱を28本打ちました。

建物は建築確認後即着工

建物は4LDK+ロフト付き、駐車スペース1台の内容で建物工事を進めて翌年の1月末位に完成しました。2月中旬に近くのマンションに住むご主人が日本人、奥様が中国人の夫婦で現場来場頂きました。購入の検討したいので中国に帰り株を売って現金で購入を考えるとの事でした。

2011年3月11日東日本大震災発生

購入検討者の中国人奥様が3月20日頃日本に帰ってきました、中国の風評被害をいっぱい聞いてきた奥様はすっかり熱が冷めておりました。日本はこれから大変なことになるので1回中国に帰って様子を見るので購入の件は無かったことにして下さいと断りが入るあの当時は世界の人が風評被害で日本から脱出した人がかなりいました。

オープンハウスに来場

当社の建売は「魔法瓶の家」シリーズで建てていたので、3/11の東日本大震災にも関わらず建物はほぼ無傷でした。オープンハウスには夕方お母さんと娘さんが現地を見に来ました、別の建売現場を2~3か所見た後の帰りでした。娘さんの実家は当社の現場から徒歩7分位の分譲地内の戸建てでした。母娘で当社建物で盛り上がっていましたが2階から下りてきて「この建物いくらになりますか?」と価格交渉してきました。今日他で見てきた物件より300~400万円位高いとの事でした当社は基本的には値引きはしませんがどの様な内容で購入を考えていますか?と聞きました。「娘さんは小学校の教員で今度高校の教員と結婚することになったので実家の近くに家を買えたい、そうすると子供が生まれても実家が近いので何かと面倒見て貰えるから」との事でした。

翌日の日曜日朝9時30分再来場

翌日の日曜日娘さんのフィアンセと母娘と3人で現地に再内見に来ました、建物の中に入ったら「あったかいね」と第一声が聞こえてきました。9時に現地に来て床暖房とエアコンで部屋を暖めてから、エアコンは切っておりましたが「魔法瓶の家」ですので一旦温まったらなかなか冷めにくい構造に造っております。リビングの前の方に案内してエアコンで部屋暖めてから今は暖房切っている処を見せて魔法瓶の家の偉力を実感して頂きました。ロフト部屋もかなり広く造っていたのも気に入って頂き昨日の価格の値引き話は出ましたが「他業者よりお金をかけて、頑丈、耐震、安全、高気密住宅」で建てているのでと説明して納得頂き販売価格通りで契約の運びとなりました。ご夫婦共教員ですので住宅ローンは全然問題なく契約から決済まで流れる様に進みました。

昨年カレンダー持参の時、隣地駐車場依頼受ける

昨年カレンダー持参した時奥様とお会い出来ました、奥様からはお子さんも生まれ育休も取ってその後も職場復帰で働いているとの事でした。3/11の後も余震がかなりの間続きましたが実家にいると揺れが酷く倒壊するのではと心配になるが、この家にいる時の余震は少し揺れるくらいで安心です、実家にいた時と比べると天地の差ですと喜んでいました又東南側隣地の駐車場がうりにでたら購入を検討したいので知らせて下さいと依頼も受けました

arrow_upward