10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年01月10日
ブログ

幕張本郷の不動産社長経験97)不動産売買の面白さ(相続物件の傾向②)

相続物件の調査、売却依頼

今年の仕事始め早々に懇意の司法書士より相続問題で相続後売却したい相談者が来ているが、30分後に会社に訪問してよいですか?の連絡入りましたので大丈夫ですお待ちしておりますと返事する。

1人住まいの突然死

内容を聞くと昨年の12月暮れ迄元気だったとの事でした、台所には料理のやりかけの状況が有ったそうですので急に死亡したと考えられます。

当社の営業エリア内物件

対象場所を住宅地図で確認して、「ブルーマップで地番を調べてからネットで土地の公図、当該物件、道路関係謄本を取ってみました。役所の調査をしないと確定は出来ませんが道路と敷地の接道義務の関係で問題が有りそうな予感がしましたので、その件も司法書士と相続人に説明をしておきました。仕事始めの日で明日は定休日になりますので木~金曜日に役所調査してみて建築基準法上の状況がどうなっているか報告する事にして別れる

明日役所で調査報告し報告予定

役所の調査をしてみないとはっきりしませんが55年位前の分譲で道路部分は3筆有りますが3筆共持分は有りませんでした。道路(役所が道路として認めている道路、又は条件付きで救済処置的に認める道路等)に2m以上接していないと正規の建築確認が新たに取得できませんので、不動産価値は相場の1/10位になる時が多いです。場合によってはそれでも売却できない時も有ります。

 この件は又後日何らかの形で報告させて頂きます。

arrow_upward