10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年04月02日
ブログ

賃貸で[外国人はちょっと・・・。」と言われる所以

当社の管理物件に若い外国人女性が住んでいます。この6月で初めて更新です。入居する時は、保証会社を使って契約をされました。契約の時から、「う~ん、日本語解っているのかなぁ・・・」というようなところもあったようです。入居まもない頃から、結構苦情が多かったようで、記録が残っていました。

・玄関の外に靴が脱いである。・夜中に人が集まってうるさい。・ゴミ出しをきちんとやってくれない等々

家賃が支払われているので・・

細かい問題は色々あったようではありましたが、遅ればせながらも、家賃は支払われていますし、苦情があれば、客付した担当者(外国籍)が間に入って色々とやってもらっていたようでしたが、その担当者が会社を辞めると、誰も間に入ってくれる人はいなくなりました。保証会社に確認をすると、連絡を取りたいが、なかなか本人に会えない。アパートにも行ってみたが、本人は不在でしかも対応した人は、ほとんど日本語が通じてないように思われたとの事。登録してある携帯電話の番号は、すでに使われていないとの事。連絡先の友達の電話番号も繋がらないような状況になっていました。正直保証会社の担当者も困っていました。そして、この状況から考えると、入居者が入れ替わっていることも十分に考えられます。

守るべき約束は守るべし!

言葉が解らないからは、理由になりません。借りられる側も、もっと誠意を見せて欲しいと思います。電話がきたら応答する。電話番号を替えたら、替えた事を連絡する。これは基本だと思います。解らなかったら何とか解るように努力をして欲しいと思います。こういうやり取りをしているうちに、いつの間にか帰国してしまって、一切の連絡がとれなくなった・・・。オーナー様は泣き寝入り。これでは貸したくもなくなりますよね。

外国の方が皆さんすべてがこうだと言うわけではありません。一部の人たちの行為なのです。勿論決まりをよく守って、ゴミ出しも日本人より以上に気を使って、住んで頂いてる方も知っています。国によって、それぞれ習慣とかは違うかもしれませんが、人間の生き方の根底にあるものは、どこの国の人でも一緒だと思います。

arrow_upward