10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年05月18日
ブログ

「東京ラスク」

私の好きなお菓子の一つです。先日久しぶりに買いました。ラスクにチョコレートがコーティングされていたり、いろんなバージョンがあり、楽しめます。

このお菓子には思い出があります。以前の会社にいた時に、駐車場のオーナーさんがいつも差し入れに下ったお菓子です。大きな袋いっぱいに頂いていました。買い物が楽しみだし、あなたにあげるのも楽しみだからと言っては、置いていかれました。

「駐車場の管理をお願いしたい」と言う事で、オーナーさん(母親)に息子さん、娘さんが付き添いで来店されました。今の管理会社が何もしてくれないというので、管理会社を替えようと言う事になったらしく、二人は付き添いでいらしたそうです。矢継ぎ早に質問をされる娘さんは正直良い印象はありませんでした。

内容を聞いていると、なるほどと思うところもたくさんあり、こちら側の言い分も聞いて頂き、管理をお受けする事になりました。

もともとは、畑

もともとは畑だったところを、駐車場にするために、地盤の補強をされたそうなのですが、現地を見てみると、かなりの凹凸があって危ない状況でしたので、業者に依頼して再度砂利等で地ならしをしてもらいました。

駐車場の真ん中あたりを水道管が通っていたり、地下水くみ上げのポンプが故障して、全部交換するには20~30万くらいかかるので、交換はしないことになっていたのをオーナーさんが子供たちに無断で発注してしまったり。

このポンプ発注については、勝手にこちら側でやってしまったのではと、大変な勢いで娘さんに怒られましたが、仕事でアメリカにいらっしゃる息子さんとは、常にメールでのやり取りをしていましたので、誤解はとけました。駐車場の管理ではありましたが、問題はいろいろありまして、思い入れの深い物件です。

痴呆症

オーナーさんが何となくおかしいと気づきました。

同じ事を何度も話される、お買い物の頻度が多い、言葉が少しおかしい・・・。

しばらく様子をみていたのですが、思い切って息子さんに日を追って症状を説明するメールをお送りしました。すぐに帰国されて、病院へ連れていかれたようで、痴呆がかなり進んでいたとの事でした。とても喜んで頂きました。オーナーさんは一人暮らしでした。働き者で、いつも駐車所の草取りをされていました。同居できない事情がそれぞれにあって、息子さんにとっては悩みの種でもあったようです。でも、何かあるたびに、すぐに帰国される姿をみると、母親思いの良い息子さんだと思います。

そんなこんなもあって、「東京ラスク」は、私にとって何とも良い思い出のお菓子なんです。

千協伸地所へ相談してみる

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward