10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年05月22日
ブログ

幕張本郷の不動産社長経験153)不動産売買の面白さ(道路の電柱移設)

道路の電柱移設

基本的には道路の電柱移設は住宅地の使用上不便等の理由が有れば電力会社に申請すると出来ます、但し出来ない場所も有りますので売買に絡んだ時は事前に確認が必要です。

①道路から自分の敷地内に電柱を移設する時は基本無料で工事をやってくれます、又年間数千円の借地料も頂けます。

②自宅敷地前道路から自宅敷地前道路への移設は基本はOKですが道路の反対側の家と移設側の家の了解が必要です、この時は移設費用の1/2位の自己負担が有ります(場所により費用負担が違う時ありますので確認が必要です。)。

③自宅敷地前道路から両隣の敷地前道路に移設して欲しい時は、移設して欲しい側家の了解が得られれば可能です、この時も移設費用の1/2位の自己負担が有ります(場所により費用負担が違う時ありますので確認が必要です)。

電柱移設の期間はどの位?

電柱移設の期間はどにくらいか?

①電力会社だけの線しかない電柱➡通常の時は2~3ヶ月位

②電力会社とNTTやケーブルテレビ等が混在配線してる電柱➡配線してる各社の都合をすり合わせるので3~4ヶ月位(もっとかかる時も有ります)

*上記①②に加えて道路の種類が国道、県道,市道、町道や又道路の交通量混雑状況により違いますますので電力会社に確認が必要です、特に建物建築工事前に移設が必要な時は日程を決める前に余裕を持った作業工程にするべきです。

電柱の歩道地下への移設

東京都内のモデル地区の1部や繁華街、又地方都市でも歩道地下に電気設備線を埋設してる場所が増えて来ました、「幕張本郷2丁目の当社事務所前歩道も数年前から埋設工事が行われて完了います」。

千協伸地所へ相談してみる

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward