10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年10月12日
ブログ

電子契約(保証会社)

 先日、保証会社の担当者より「電子契約での保証契約」について話を聞き説明を受けました。入居申込後保証会社の審査で承認がおりた後の手続きです。電子契約を結ぶには、簡単にいうと以下のようになります。個人契約のみになります。

★借主様

《SMS又はE-mail》

①電子署名依頼 SMSまたはE-mailにより「電子署名URL」にアクセス

②「アクセスコード」を入力後「送信」ボタンをクリック

③契約内容等を確認後「署名」ボタンをクリック

④「電子署名」を選択後「署名」ボタンをクリック

「手続完了」が表示されると署名完了!!

と、書いてしまうと、いとも簡単にできてしまうように思われますが、名前とか入力をする場面があります。日頃スマホとかに慣れている人はともかくとして、高齢の方には難しいかもしれません。(ガラケーのみの場合は電子契約は不可)(オーナー様、連帯保証人様がいらっしゃる場合は、連帯保証人様も同じような作業をして頂く事になります。)

◎連帯保証人様に関しては、本人確認書類のアップロードがあります。

【本人確認書類について】

原則として「印鑑登録証明書(発行日より3ヶ月以内のもの、コピー可)」の提出。

但し、取得が難しい場合は、本人確認書類いづれか1点。

・運転免許証(有効期限内の表裏両面)

・運転経歴証明書(2012年4月1日以降発行の表裏両面)

・在留カード(有効期限内の表裏両面)

・特別永住者証明書(有効期限内の表裏両面)

 

※書類のアップロード

 スマートフォンのカメラ機能を使って本人確認書類を撮影するか、予め撮影した本人確認書類を添付。事前に準備しておいた方がベストと思います。

契約完了となるには

 オーナー様・借主様・場合によっては連帯保証人様全員の署名が完了してないと契約完了とはなりません。本来ならば2者もしくは3者が揃っている場合が一番望ましいのですが、事情により揃わなかった場合、時間差での契約となると又難しいものがあるのかなと思ったのは事実です。それに若い人はともかくとして、高齢化の社会を考えると携帯電話しかもスマホ・PC・タブレットの操作がはたして簡単に受け入れられるものなのか等を考えると、どんなものでしょうか?。

とは言っても時代はどんどん流れていくのでしょうね。

 

千協伸地所へ相談してみる

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward