10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年11月19日
ブログ

幕張本郷の不動産社長経験200)不動産売買の面白さ、難しさ(不動産購入時のタイミングと縁)

検討物件3度目の正直ご縁迄の経過【その①】

以前にも紹介しましたが今日は3度目の正直の決済報告です。

当社旧客お客様が最初に検討した物件は不動産業者売主の建築条件付き売地でした、本人は場所は気に入っていたので何とか購入したいとの事で当社に相談に来ました。私も販売現地確認して場所は良かったので、旧客の建物希望を聞き参考プラン図を私がすぐ作成して売主業者に建物見積もりを出して頂き土地建物、諸経費を最終的に出して貰ってくださいと伝える。その後で自己資金とマンション売却代金(計算上は下取り価格で計算)不足分は住宅ローンを組むことで、住宅ローン事前審査の承認出てから契約して前に進むようにして下さいと伝える。

上記の件を売主業者に伝えても中々前に進まないので確認すると、弊社は契約しないと建築の希望プランは書かない(設計事務所に依頼しない)ので、まず土地契約、建物請負契約(参考プラン28坪で)をして頂き、坪数増える時は1坪00万円の追加料金の特約付きでやります。それ以外は受け付けませんの基本方針を曲げないので、今後建物工事で揉めたり、トラブル可能性大でしたので今回の物件は止めた方が良いと言って諦めて頂く

検討物件3度目の正直ご縁迄の経過【その②】

2回目の検討物件は4LDK駐車スペース2台~3台(3台目は軽自動車ならOK)の中古物件でした、希望エリア地区ギリギリの物件でしたのであまり感度が出ないと思っておりましたが資料メールしておきました、数日後お客様からメールで時間できたので外観だけでも見てみたいと連絡有りました。それぞれ車で現場に向って外観見てみました、思っていたより程度も雰囲気も良かったので是非内見したいと言い出しました。元受け業者は現場から15~20分位の事務所でしたので連絡して鍵を開けて頂きました、内見して更に良さが分かり購入申し込みをしたいとなりました。立ち会ってくれた担当者に申し込みしたい旨伝えると、1番手入っておりますが価格交渉が有り調整中ですとの事でした。そこで当社もこのくらいの「価格交渉をしたいと思っておりますが1番手より高いですか?」の質問の回答は「高いです」だったので会社に帰ってから書類送りますので宜しくお願いしますと言って別れる。

お客様と会社に帰り購入申込書を書く段階になり打ち合わせをしました、当方は販売価格下げた後の価格から80万円を交渉しようと思っておりましたが、都内の修行時代の苦い経験(1番手より50万円高い価格で申込書入れたが更に高く申込書が入り不発となった経験)の事もお客様に話して今回は値下げ後の価格満額で申し込みをしました。これで文句はないだろうと思っておりましたが1番手の申込者が同額に買い上げて来ました、そこで満額から30~50万円の範囲なら更に買い上げても良いと担当者に申し入れましたが担当者にそれは出来ないと言われ不発に終わりました。又売主様は値下げした価格の満額で決まる事に成りホッとしている事と、同じ満額なら最初に手を上げてくれた人に譲ってくださいとの考えが強かった事も決め手になり今回もご縁が有りませんでした。

 

 

検討物件3度目の正直ご縁迄の経過【その③】

3度目の正直中古物件は希望エリア2番手地区でした。1回目、2回目と気に入った物件とご縁が無かったので当分気に入る物件は出て来ないかもしれないと思っていましたが、夜中にず~と考えていたら以前業者が資料持ち込んだ中古物件を思い出しました。早速翌朝に紹介可能かどうか確認すると今のところ大丈夫と返事を貰いました、お客様に資料をメールして近場ですので時間有る時早めに外観見て下さいと言っておきました、すると外観見てきたが是非内見してみたいので鍵の手配お願いしますとの事でした。業者に確認して現地対応のキーボックスナンバーを聞きすぐお客様に連絡して現地待ち合わせ午後に内見出来ました。はぼ土地値に近く築29年位でしたが建物使用する人には買得物件でした、手直しすればまだ十分30~40年以上は使用可能な物件でしたので、その辺も説明しましたら購入したいがリホーム費用がどの位かかるか?価格はどの位交渉出来るか?諸経費はどの位かかるか?と夢が広がり喜びと不安が入り混じっていました。

そこで物件価格は交渉するが大まかに物件価格+リホーム費用+諸経費のトータルを出してから資金計画を立てましょうと言って、まずは物件を止めないとこちらが色々動いてる間に他社から申し込みが入り物件ご縁が無くなる事をブロックしなければなりませんので担当者に状況を話して7~10日間位1番手で待ってくれませんか?とお願いして了解を取りました。至急協力会社に現地立ち合いでお客様の希望を確認させてリホーム見積もりをざっくり出して頂きました、自宅マンションは当社の下取り保証で価格を出して、住宅ローン金額を算出して事前審査申込書迄こぎつけました。青色申告で収入を抑えている関係上あまり多くの申し込みは出来ない状況でしたが、そのなかで融資額をMAXで申し込みしました。10日目位で承認が満額で下りて来ました、その時はリホーム費用も見積り金額が出て来ましたので最後に住宅ローンの事前審査は通ったのでと、物件価格の交渉に入りました。

売主様からの価格交渉の了解を頂き、中古物件の売買契約➡住宅ローン本申し込み➡本申し込み承認出る➡物件決済(11/16日)➡明日から本格的に内外装のリホーム工事取り掛かる➡12/25日リホーム工事終了➡12/28日引っ越し予定です。

3回目の正直でご縁の有った物件は6m公道面、間口約28m、土地約60坪弱、建物約55坪、駐車スペース3台、高台立地、陽当たり、眺望良好】の当初の希望以上の物件とご縁が有り令和2年11月16日の今日無事決済まで終了しました【本当に良かったですね!おめでとうございました!】

千協伸地所へ相談してみる

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward