10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年12月22日
ブログ

幕張本郷の不動産社長経験215)不動産売買の面白さ、難しさ【鉄骨工事現場監督時の写真、工事内容】②

「柏そごうデパート」鉄骨工事現場で最初の鉄骨柱1本目から最後迄の写真①

 

1枚目上の写真は「柏駅前そごうデパート完成後」長年の営業後閉鎖が決まった後の外観写真です。

2枚目上の写真は地下1階部分の写真で根切して平になっている写真です、架台の上に鉄骨を積んだトラックが入って待機しているとこらです。

2枚目右下の写真は「柏そごうデパート工事」の鉄骨1本目の柱を立ち上げて鳶職人がお神酒(日本酒1升瓶)を鉄骨にかける処の写真です。

昭和47年11月3日~昭和48年9月7日約10か月間で鉄骨工事は完了させて会社に引き上げとなりました。

私は近くの旅館に泊まり込みで現場との往復、忙しい時期は後輩が高根木戸から現場に応援に来てくれていました。

鉄骨工事と外壁工事が終わる迄はタワークレーン5基がフル稼働しており鉄骨組み立て工事作業、コンクリートの床版張り作業、外壁張り作業、鉄筋や型枠材料上げ作業、と現場は毎日めまぐるしく動いておりました。

「柏そごうデパート」1階梁を組み上げた後ハイテンションボルト強度試験実施②

1枚目の写真左側は1階部分の鉄骨建て方の様子です。

1枚目写真右側は鉄骨を締めるボルトの強度試験の様子です、現場には「設計事務所担当者」「大成建設、所長、次席、主任,担当者」「鉄骨施工会社から私」「当社協力会社職人」の立ち合いで作業を進めました。試験結果は問題なくクリアしてすぐ次の作業に移りました。

2枚目の写真は1階鉄骨梁ボルト締め工事終わり、鉄筋工事も終わり、型枠大工工事に入る前の現場前での私の写真です。

 

「柏そごうデパート」3階からは外壁(工場打設)が順次取り付けられていきました③

1枚目写真の左上は1階梁鉄骨工事が終わった写真です。

1枚目写真左下は1階鉄骨梁に鉄筋工事(地下から1階迄の柱、及び1階梁の工事)が完了した写真です。

1枚目右上写真は1階~2階部分の柱、梁鉄骨部分と2階コンクリート床版張った後の写真です。

1枚目右下写真は2階~3階の鉄骨柱、3階の梁部分及び3階コンクリート床を張った後の写真です。

2枚目左上写真は工事用タワークレーン5基が立っている写真です。

2枚目左下から2枚目は鉄骨梁を溶接作業している写真です。

2枚目右側は3階から(3階~4階部分から)工場で打設した外壁の順次取付作業始まりました。

鉄骨工事【鉄骨の柱、梁の建て方➡歪み取り➡ボルト締め➡鉄骨の溶接】は常に先に進み次にコンクリート床版張、外壁取付の順で工程通りに1階ごとにせり上がり順調に進んでいきました。

 

千協伸地所へ相談してみる

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward