10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2021年02月01日
ブログ

ホテルの客室をアパートに転換!?

1年にも亘るコロナ禍の影響により様々な産業で大きなダメージを受けております。

中でも観光業界は大変厳しい状況にあり、業態変更で生き残りをかける会社も出ております。

日本を代表する高級ホテルの「帝国ホテル」が客室の一部をアパートに変更するようで「ここまで来たか」と衝撃を受けています。

本日の日経新聞の記事「帝国ホテル、客室をアパートに転換」

本日の日経新聞に驚きの記事が載っていました。

帝国ホテルが客室99室を食事など定額制のサービスが付随した「サービスアパートメント」の事業を始めるようです。

予約の受付2月1日(入居は3月15日)から、まずは7月15日までとしています。

価格は約30㎡の客室で月36万円(最低宿泊は5泊15万円)と設定。

キッチンや大型冷蔵庫、洗濯場所はありませんが、洗濯や食事はサブスクリプション形式の有料オプションを利用できます。

また、一般的な賃貸契約のような煩雑な手続きは不要で入居可能としております。

宿泊中は、フィットネスセンターとプール、サウナ、ミーティングルーム、駐車場(1室につき1台)などのホテル施設が無料で利用できるようです!!

つまり、30日以上宿泊の場合、あのロケーションでホテル内施設が利用できて、1日12,000円!!!で暮らせるということです。

“座して待つ”ことはできない

このプランは結構な需要があると思いますし、大胆な戦略を打ち出したと感心しました。

反面、「ここまでやらなければならないのか」と業界の厳しさを強く感じています。

帝国ホテルの2020年4月~12月の連結決算は最終損益が86億円の赤字となっており、足元のホテル稼働率は1割前後まで落ち込んでいるそうです。

現在の状況と今後の見通しから“座して待つ”ことはできないとの判断だと思いますが、一部業態転換することでホテルイメージやブランド力が毀損するリスクもあるように感じます。

日本でも最高級ホテルの一つである帝国ホテルがこの状況であることを考えると、他は推して知るべしです。

この先コロナ感染症の拡大が収まらず、今の状況が継続されると時限的なこのプランも継続されるのではないかと思います。そして、他のホテルも(さらに安いプランで)追随を余儀なくされるのではないかと想像します。

これらは不動産業界にも様々な形で影響を及ぼすことになると思います。

千協伸地所へ相談してみる

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward