10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2019年09月10日
ブログ

台風15号の被害(千葉県千葉市)

最強級の台風15号は9日未明に東京湾を北上し、午前5時前に千葉市付近に上陸しました。関東に上陸した台風では史上最大の台風で関東各地で屋根の飛散、工事用足場の崩落、床上浸水、倒木等々被害をもたらしました。

未だに停電しているご家庭や深刻な農作物被害を受けている農家の方々もいらっしゃると聞いております。
今回の台風15号により被害を受けられました皆様に心からお見舞いを申し上げます。

過去最大級の台風

過去最大級の台風15号は各地で観測記録を塗り替えたようです。
最大瞬間風速でみると千葉県千葉市で57.5メートル(4時半頃)、千葉県木更津市で49.0メートル(3時頃)、千葉県成田空港で45.8メートル(5時半頃)だったそうです。
弊社の事務所は千葉市花見川区幕張本郷ですが、近くの街路樹が数本倒れていました。
車が衝突しても簡単に倒れないほどの強度をもっていると思いますでの、倒木した様子をみると今回の台風の凄まじさに恐怖を感じます。
私自身も9日未明から暴風の音で何度も起こされました。また、朝、車を運転しましたら国道357号線では一部冠水していたりと、体感的にも台風の恐ろしさを感じております。

台風の被害にともなう火災保険の申請について

昨日は弊社の管理物件や弊社が過去売買/仲介した住宅物件で数件の保険事故が発生しております。
瓦が飛ばされた、棟板金の一部が欠落した等目視レベルで確認できるものです。
実際、屋根は目視することが難しいところでもありますので被害はこれからさらに広がってくるかもしれません。
保険事故が起こった場合、基本的には以下の通り契約者が申請を行います。
① 屋根業者等に被害状況を確認してもらい、修繕費用の見積書を手配する。
② 保険証券を用意して保険会社に連絡し保険金の請求の旨伝える。
③ 請求に必要な書類を保険会社から送ってもらう。
④ 請求に必要な書類を整えて保険会社へ送る。
⑤ 保険会社が審査を行い、支払金額が確定される。
(修繕費用の全額がカバーされない場合もあります)
⑥ 保険金を受け取る

弊社を代理店として火災保険をご契約したお客様へ

先ほど保険会社に確認しましたら多くの保険事故で忙殺されているようでした。現在、各保険会社のフリーコールはつながりにくい状況のようです
弊社ではお客様に代わって弊社が保険会社とFAXで手続きを進めますので、弊社を代理店として保険を掛けたお客様につきましては弊社にお問い合わせください。その際は保険証券をご用意下さい。

なお、屋根は住宅を長く存続させるために最も重要な部分です。目視レベルで問題ないと判断するのではなく、今回の台風を機に一度専門的に点検された方が良いと思います。
インターネットで検索して業者を探されても良いと思います。

業者手配の必要がございましたら弊社までご相談ください。

arrow_upward