10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年03月28日
ブログ

保証会社

賃貸における保証会社は、もうすっかり定着してきました。でも、外国籍の方に保証会社は入ってもらっても、その後の対応はどうなるかと心配になります。外国人入居者への対応がキチンと出来るかどうか?。

 まだまだ「外国の人はダメ。」とおっしゃるオーナー様が多いのは事実です。業者の立場から言わせて頂くと空室にしておくのがもったいないと思ったりもしますが、外国の人だと、トラブルで責任問題になったら、困ってしまうのも又事実です。

 今回当社で、新たに保証会社を導入しました。保証会社の担当者から、「外国人入居者専用コールセンター」の会社とタイアップしているとの話を聞いて、是非話を聞かせてもらいたいとお願いしました。(実は、社有の物件に入居している外国人入居者と連絡がとれなくて困っていました。仲介業者(外国人専門の不動産会社)の客付で契約したのですが、客付の担当者がいる時は色々と間に入って問題解決をしてもらっていたのですが、その担当者が会社を辞めたとたん、仲介業者には何も頼めなくなりました。入居者はこの冬エアコンの不具合で寒い思いをしていると人づてに聞き、こちらから電話しても、連絡がとれなく困っていました。)

外国人コール24

不安要素はたくさんあります。

1.文化やマナーの違いで、近所とのトラブルが心配。

2.苦情や連絡事項があっても、どうやって伝えればいいのか、伝えたとしても、きちんと伝わっているのかどうか解らない。

3.家賃を滞納したまま無断帰国してしまわないか心配。

4.礼金・更新料とかの説明が難しい。

5.退去時の敷金精算の説明・現状回復等理解されているかどうか解らない。

6.いつの間にか、入居者が増えていて、本人が確認できない。

これらの対応をしてもらえるのです。

 この会社は、もともと不動産会社。会社自体が管理物件を持ち実際に様々なトラブルを対応されています。一般的な設備トラブルばかりでなく生活騒音やゴミ出し、契約や家賃に関する問い合わせ、解約・更新の受付等24時間、365日対応してもらえるとの事。弊社も社長の了解を得て、すぐに契約。早速、今入居中の人に連絡しようと思いましたが、もともと日本語が良く解らない状態の人ですので、「外国人専用コールセンター」の事をどうやって説明したらいいのか迷うところでしたが、相談したところ、その辺も対応して頂く事になり、早速本人に電話をかけて頂き(連絡は取れなかったようですが。)「以後も対応をしていきますから、大丈夫ですよ」との事で、これで安心しました。

6月には更新も控えていますし、助かりました。きっと入居者の方も、これから安心して住んでもらえると思います。この先当社の管理物件へも、オーナー様に自信をもって、「こういう保証会社があります!。外国の方も積極的に契約をしていきましょう!。」と言えます。

そこまで、やってもらえるのですか?

簡易翻訳業務というのがあり、

・ゴミ出しのルール

・夜間の騒音問題

・共有部分に私物をおかない

・契約者以外は住むことはできない 等々の文章を翻訳してもらえます。

現在対応している言語は、英語・中国語・ベトナム語・ネパール語・タイ語・ポルトガル語・スペイン語・フランス語・ロシア語の10ヵ国。

様々な案件に24時間365日対応してくれます。

 

オーナー様へ

最近は、礼金0円、敷金0円は当たり前になってきました。

加えて、フリーレント1ヶ月又は2ヶ月もあります。勿論初期費用が安くなるのは借主にとっては、ありがたい事ですが、外国の入居者に対しては、外国人専用コールのようなシステムをオーナー様のご負担でつけてあげるのはどうでしょう?。

外国の人にとって、日々の生活の中で言葉が通じないのは、なんとも不安な事だと思います。ましてや、契約に至っては、正直なにが書いて有るか解らない書面に印鑑なりサインなりするのです。

そこに、こういったサービスがあるとすれば、どんなに心強いことでしょう。月々1,000円位で2年間支払ったとしても、24,000円です。

せっかく、ご縁があって日本に来ている人たち、気持ちよく住んで欲しいと思います。

そして、日本での生活が良い思い出となりますように・・・・。

 

 

千協伸地所へ相談してみる

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward