10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年04月24日
ブログ

腹腔鏡手術(その③)

昨日からまだ続きます。

私の実体験に基づく腹腔鏡手術の術後です。

手術2日目

お昼頃に尿と傷口の管が外れる。キズの痛みより胸(みぞおちの部分)が痛く主治医に相談。原因/手術時にお腹を膨らせるためにガスを注入。ガスで圧迫していたので、筋肉痛だと言う事でした。日が経つほどに痛みは消えるとの事、原因が解れば安心です。この日は点滴は外してもらえませんでした。点滴と一緒に歩く練習、眩暈もなく、ゆっくり歩行。お昼ご飯と夕飯はおかゆでした。

手術3日目

ご飯は普通食。点滴をした状態でとにかく歩く練習。なるべく長い距離を歩くように指導あり。点滴は午前中で終了。術後の痛みと言えば、お腹の中が何となく違和感あり。横になると少し痛みがあって特に右側。胸の痛みは主治医のお話があったように時間と共に痛くなくなりました。診察後経過良好なので明日退院の許可。術後のシャワーも許可がでて、おっかなビックリでお腹のキズを確認すると、左と右に4~5センチの絆創膏がペン!!と貼ってあるのみ。おへそは出血のあと、押さえると痛い。それにしても、このぐらいしかキズが残らないのかと改めて感心しました。傷跡は触って痛くないし、今更ながら医療の進歩に目を見張るのみ。

 

術後4日目 退院!

退院の手続きのあと、術後の自宅での注意事項の説明を聞く。くれぐれも無理は禁物という言葉を胸に退院!!。コロナウイルス感染の影響で、お見舞いの人達が少なく、出入りが制限されていましたので、ゆっくりとした入院生活を送れました。

とにかく、無事に終わってよかったです。

会社にはご迷惑をおかけしましたが・・・。

arrow_upward