10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年05月08日
ブログ

保証会社(賃貸)②

賃貸物件に住んでいて保証会社とトラブルを起こしてしまい、他の物件に移りたいが他の保証会社の審査が通らなかったという話を聞いたことがあります。過去に保証会社を利用して現在も未払いの賃料があったり、何回も代位弁済を受けていると審査に受からない場合があります。無職だったり、家賃が収入に見合ってなかったり、連絡手段がなかったりする場合も審査に受からない条件になってしまいます。それだからと言って、色んな保証会社に審査を出してみるのも考えものです。保証会社の審査に落ちると、その情報が信用情報機関に残り他の保証会社の審査に落ちる場合もあるからです。

 

2つの団体

保証会社には2つの団体があって、それぞれに保証会社は加盟しています。同じ団体に加盟している保証会社同士で情報の交換はあるかもしれません。ブラックリストなどに載ってしまっている場合等は審査に受かるのは難しいと思います。違う団体だと情報の共有はないだろうと思われますので、物件探しをする時に、不動産会社に正直に「実・・・」と相談するのも良いし審査が緩い保証会社を選んでもらうのも良いかもしれません。

〇一般社団法人賃貸保証機構 LGO

  加盟会社/CASA・フォーシーズ・日本セーフティ・ハウスリーブ㈱他

〇一般社団法人全国賃貸保証業協会 LICC

  加盟会社/全保連・リクルートフォレントインシュア他

 

まとめ

まとめとして、「審査に通る人・通らない人」

審査に通る人

・過去に家賃やカードの滞納歴がない人

・正社員

・安定した収入(ex.家賃80,000円⇒家賃の3倍以上の収入のある人)

・1年以上勤務  等々

審査に落ちる人

・過去に家賃やカードの滞納歴がある人

・家賃と収入がアンバランス

・パート・及び契約社員・フリーター 等々

審査の確認の電話

保証会社の申込をすると、本人に確認の電話があります。誠実に対応すると、好印象を与えますので、いい加減な受け答えはしないようにしましょう。

千協伸地所へ相談してみる

Inquiry
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward