10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2020年07月06日
ブログ

幕張本郷の不動産社長経験169)不動産売買の面白さ(コロナ災禍現況③)

コロナ下での選択「戸建てか?マンションか?」。マンションの動きは?

金額に寄らずに戸建党、マンション党に昔から分かれている部分も有ります。コロナ下ではややマンション党が多くなっているようです!「売買価格が安いからが第1の理由と思われます!第2の理由はあまり多くローンを組みたくない!第3の理由は駅に近いところが多い」と考えられます。

管理費、積立金、駐車場代のトータル金額は物件広さと、駅近の距離、全体の戸数、築年数などにより違いますが安くて25,000円~38,000円位になります(住宅ローン35年、金利0.775%で計算すると約920万円~約1,400万円の借り入れと同じ支払いが住宅ローン以外にになります)、この事を良く考えて決断するべきだと思っております。

*又マンション購入の場合は①駅徒歩5分以内②駅徒歩8分以内③駅徒歩10分以内迄がお勧めです➡買い替えや転勤などで賃貸に出す時でも有利ですので。

コロナ災禍で戸建ての動きは?

JR総武沿線千葉から東京よりは4,000万円~5,000万円前後の価格帯建売は苦戦してる様子です、注文住宅で5,000万円~6,000万円位の予算有る人はそれほど影響ない様子です。逆に3,000万円台の新築は場所にも依りますが売れ行きは影響少ないようです。

JR総武線幕張駅徒歩4~5分の2棟現場(4LDK駐車スペース有、敷地延長が2980万円、手前道路側が3,180万円)がハウスビルダーから売りに出ていたので現地確認して写真撮って来ておりました、見たとたんにこの物件は久しぶりに完成前に売却済みになると直感しておりましたが上棟前に2棟共売却済みとなってしまいました。当社客も見てみたいと会社に連絡有った時は既に申し込みが入っていて縁が有りませんでした。

 

コロナ災禍での土地の動きは?

幕張本郷に場合は1年前と今では少し様子が変わって来ています。1年位前は売却物件少なく価格も上昇気味だったことも有りますが、お盆過ぎ位からかなり物件が高値で供給されるようになりました。区画整理地内整形地の区画は坪単価が90万円~120万円位の価格で市場に供給されてきました、但し小ぶりのものは別としてなかなか売却に至っていない物件が多いです(したがって今後は横ばいか価格は下がり気味です)。

JR総武線千葉から東京よりの徒歩圏の売地はどうかと云うと、欲しいと思う物件は1番需要が有る30坪以上2,000万円前後の物件は殆どありません。出た時は早めに見てすぐ手を上げた人に縁が有りますが、仕事の都合とか忙しいと言ってすぐ見ていない人には良縁が回っていきません。

土地を探して注文で建てたい希望が多いのですが、1番難しい作業です。「建売業者、不動産業者、工務店、建築業者、アパート業者、ハウスメーカー(展示場を含む大手から中堅まで)等のプロが朝から晩まで必死になって探してもなかなか仕入れられない土地を一般ユーザーが来社して私の希望する予算内の土地を2~3か所すぐ出してくださいと言われても出せる物件は限られています

*土地から探す人は半年~1年スパンで真剣に、良いと思った物件は忙しくても朝早くとか、夜遅くても見に行く覚悟と、希望の80点以上の物件と巡り合えたら即断出来る足慣らしをしておかないと、せっかく良い物件と巡り合っても決断出来ずに迷ってる間に誰かに持って行かれることになります。必要最大限の努力を惜しまない人に良縁は吸い寄せられていきます。

 

arrow_upward