10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2019年11月02日
ブログ

【賃貸編】お部屋探しのお手伝い その1

お部屋を探すにあたり、一番気になるのは何でしょう?。

初期費用ですかね。勿論お部屋も気になる所ですが・・。

お部屋探しをスムーズにできるようにアドバイスをさせて頂きます。

まず、自分のお部屋に対する思いを整理する。

よく、店頭にいらして、

「部屋を探しています。家賃はこれくらいで、いい所ありますか?。」

色々詳しく聞いていくと、まったくお部屋に対しての思いが整理されていない方が多い気がします。一番良いのは、まず、自分の思いを箇条書きに書き出してみるといいですよ。

例えば、

①家賃は〇〇円まで。(共益費若しくは管理費がある事も忘れないで下さい。)

②お部屋の広さはどのくらいを希望しているのか?。(何人で住むのか?)

③地域的にはどの辺に住みたいのか。

④アパートタイプかマンションタイプか、はたまた貸家か。

⑤陽当りはどうか?。

⑥周りの環境は(学校が近いとか、病院が近いとか・・・)。

⑦駐車場は必要か否か。

等々、色々思いつくことを書いてみるんです。そうして、どうしても削れない条件が

出てくるはずです。せいぜい多くても3こ位まで。

あまり条件をたくさん出しても、それに当てはまる物件はほとんどないと言っても過言ではありません。何かが欠けていることが多いものです。ですから条件に優先順位をつけていることにより、迷いが少なくなります。

ここまで整理して頂いていると、私たちも、お部屋探しがスムーズに行きます。

 

入居申し込み

気に入ったお部屋が見つかると「入居申込書」を書いて頂きます。入居申し込みをするには、連帯保証人若しくは連帯保証人の代わりに保証会社を利用して頂きます。

本人の書類としては

 ・運転免許証等 収入証明書

〇連帯保証人を使う場合

 ・連帯保証人となりうる人(親、兄弟姉妹、親戚等/一定の収入のある人)

 ・必要書類{身分証明書(運転免許証等)・収入証明書・印鑑登録証明書}

〇保証会社を利用する場合

 ・身分証明書(運転免許証等)

 

ゼロゼロ物件 フリーレント物件

ゼロゼロ物件とは、礼金なし、敷金なしと言う事です。

初期費用から考えると、最初にかかる費用が少なく助かりますが、何年か住んだのち解約の時に、クリーニング費用や現状回復にかかる費用は全て持ち出しとなるのを覚えていて下さい。

礼金は、オーナー様へお礼の意味で支払われます。解約時戻ってきません。

敷金は家賃などの債務の担保として預けておく言わば保証金のようなものです。家賃を払えなくなった時に敷金で補填されたり、解約時現状回復で負担金があれば、敷金から差引かれ残金があれば返金されます。敷金を預けておくと、改めての持ち出しがない分,

金銭的には助かると思います。結局は後払いか前もって一部を払っておくかの違いです。

フリーレント物件

フリーレント物件とは、例えば1カ月間(期間についてはいろいろありますが)家賃は発生しませんと言う事です。が、ほとんど落ちがついていて、「早期に解約をする場合は、家賃の1ヶ月分を違約金として支払う事」等という特約が付いています。長くそこに住むつもりであれば、1ヶ月分の家賃を得するわけですからラッキーですが。

                        ⇒次回は初期費用について

arrow_upward