10:00~19:00
毎週水曜日、第1・3火曜日
2019年11月04日
ブログ

【幕張本郷の不動産社長経験72】不動産売買の面白さ(理容店の跡地に新規理容店注文売建)

千葉市稲毛区角地仕入れ

千葉市稲毛区に理容店閉店する予定の土地(上物付き)が持ち込まれました。土地値ですが建物内部は見れるとの事でしたのでお客様のいない時内部を見せて頂きました、「独身男性の理容師さんが1人で切り盛りしていて掃除も行き届かない汚れた感じの店内でした、これではお客様も来店したくない」状況が分かりました

決済後すぐ解体する

建物も古くトイレは汲み取りのままでしたので解体するのに躊躇する事は何も有りませんでしたので決済後即解体しました前面道路から本下水の宅内引き込み工事やり解体後整地して、売建て方式の注文住宅、店舗兼用住宅にする計画でチラシ、ネットで広告を打ちました。

県道と市道の角地

地形はそれ程良くはありませんでしたが交通量が多く目立つところでした。1ヶ月くらい過ぎた頃四街道から理容師夫婦が現地を見に来ました。ご夫婦は立地をとても気に入って息子の理容師に進めるとの事でした。

息子現地確認

理容師免許を持って他所の店舗で働いている息子が休みの日に現地見に来ました。息子さんはあまり乗り気でなかったのですが、今迄も理容店だったしこれだけ住宅密集市街地はなかなか空きが出ないのでこのチャンスを逃さないようにと両親の強烈なプッシュに押し切られ購入を決断しました。

建物で両親と息子揉める

土地の売買契約後、両親と息子さんの希望を聞きながら建物プランを何通りか書きましたがなかなか纏まりませんでした。結果的に息子さんの意見を2/3取り入れたプランで住付き店舗(理容店)、駐車場3台付きを建築しました。

理容店開店後は繁盛店に成る

息子さんのセンスで店内は明るく清潔な雰囲気にする、外観も洒落た建物に仕上がったので以前来ていたお客様も殆ど戻って来たみたいでした前の店舗は内外とも暗い、汚い、古いと3拍子悪い方が目立っていましたが、同じ場所で同じ商売をしても商売に賭ける意気込みとやり方次第で全然お客様の反応と来店数が違う典型的な例でした」。

arrow_upward